ページの先頭です

グループウェア「G-BOARD」

グループウェア「G-BOARD」

G-BOARDの概要

『G-BOARD』は様々な事例に対応して、色々な機能を兼ね備えたクラウド対応グループウェアです。 あなたの職場環境に合わせて、自由にカスタマイズすることが可能です。

スケジュールや未読メール数・継続中のToDoリストの一覧など大まかな情報が一目で確認できます。

また、メールについては、『未読メール』の表示と『フォルダ別件数』の表示切替が可能です。

掲示板・回覧板の欄に掲示・回覧期限前の未読のものが表示されます。

利用者共通でのリンク設定(管理者)と利用者個人でのリンク設定が可能です。

設定により 『個人週間スケジュール』と『グループ日間スケジュール』との切替が可能です。

部課名などが不明でも、氏名だけでそのユーザーの情報を検索することが可能です。

デスクトップ画面※クリックすると拡大して見ることができます

個人で蓄積してきた知識やノウハウの共有化

最新の市場動向や顧客情報など、各々一個人では収集できない情報を共有することができます。もちろん、情報の共有化により、社内コミュニケーションの活性化にも繋がります。

回覧事項の伝達漏れが無くなる

回覧板を電子化し、電子メールや電子掲示板の利用を多様化すれば、いままで時間のかかっていた情報伝達の問題も解決します。
さらに、電子化することによって伝達漏れなどの不都合は解消され、しかも、情報が回覧されたかどうかの確認も出来ます。

進捗状況の把握

上司や部下、さらには社内、グループ内の社員や構成員が各々メンバーの作業進捗状況を知ることによって、社内、グループ全体を見た視野での行動が可能になります。

無駄な会議を少なくする

会議は、“顔をあわせる”“実際に話す”といった役割が大切な場合もありますが、不要な会議もあります。ちょっとしたアイデアの募集をしたり、一人の意見に偏らない議論が必要な場合もそうです。
電子メールや電子掲示板を便利に活用することで、こうしたことが可能になります。

導入効果

機能性を重視した設計(機能面)。

社内や、各グループ間・事業所間で行われている通常業務を電子化することで、社内効率の促進をお約束します。当然、機能性・操作性を重視した設計なので、 導入計画から導入後までがスムーズに行えます。ここでは、 「G-BOARD」を導入した後のごく一部の効果をご説明します。

経費節減を目的に考えられた「G-BOARD」だからできること(費用面)

自前のサーバー設置は不要であり、管理者はもちろん、技術者もそれにかかる費用もいりません。 ご契約後に簡単な環境設定を行うだけで、設備投資はもちろん人件費にも悩むことがなく導入ができます。ここでは、 「G-BOARD」における費用対効果の一例をご説明します。

不正進入などを防止したセキュリティ面の重視(セキュリティ面)

昨今話題になっている、インターネットを使った不正進入などを防止したセキュリティ面に対応しています。当然、情報漏洩を極力抑えた設計工夫がなされてい ます。また、ウィルス対策も万全で安心してご利用できます。ここでは、 「G-BOARD」における代表的なセキュリティ機能をご説明します。

お問い合わせ

キステム株式会社
システム営業部

電話: 0742-22-1731 FAX: 0742-27-2796


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) KISTEM Co., Ltd. All Rights Reserved.